子宮筋腫の症状

子宮筋腫の症状や原因、正しい治療法等を紹介。

女性の悩み・子宮筋腫

子宮筋腫とは

子宮筋腫は良性の腫瘍です

子宮筋腫の種類子宮筋腫とは、子宮にできる良性の腫瘍のことをいいます。腫瘍とは、体の細胞とは異なる独立した増殖する細胞の集団で、コブのようなかたまりです。筋腫があっても自覚症状がなく、婦人科検診などで発見される人もいます。いっほう、月経痛がつらい、月経の量が多いなどで受診し、筋腫だと診断される人もいます。30歳以上の女性の20~30%、35歳以上の40~50%に筋腫があるといわれ、今や、めずらしくない病気ともいえるでしょう。30代後半から筋腫だと診断される人が増え、最も多いのは、45~50歳ぐらいです。顕微鏡的なものを加えると、実に約75%の女性が持っています。最近では、若い人の筋腫も増えています。それほど多い病気なのに、どうして筋腫ができるのかは、まだ解明されていません。女性ホルモンのエストロゲンが何らかの影響をしていることは確かのようです。

「単発性筋腫」と「多発性筋腫」がある

女性ホルモン分泌量の変化筋腫は、ひとつの場合の「単発性筋腫」と、大小たくさんある「多発性筋腫」があり、その8割が多発性です。子宮の大きさは、年齢や出産経験の有無等、人によって違いがありますが、通常は鶏卵ぐらいの大きさです。そこに筋腫ができると、全体として子宮が子どもの頭ぐらいの大きさになってしまうこともあります。筋腫ができると、その周囲に新しい毛細血管が次々に張りめぐらされます。筋腫の芽のようなものが、もともと子宮筋層に存在しており、何かのきっかけでその芽が大きくなって筋腫となるようです。そのきっかけがエストロゲンです。女性ホルモンの分泌がさかんな性成熟期の30代から筋腫と診断される人が増えます。また、閉経すると筋腫が一般的に小さくなるので、エストロゲンが作用すると筋腫が成長すると考えられます。女性ホルモンは初潮のころから分泌されるので、30代から筋腫が発生しやすいという意味ではなく、もっと以前から女性ホルモンの影響を受けて発生した筋腫が、少しずつ成長して30代ぐらいから発見されることが多いです。

子宮筋腫の症状

子宮筋腫の症状子宮筋腫の症状としては、過多月経、月経痛、貧血、しこり、圧迫症状、不妊、性交痛などがあります。これらは筋腫そのものがもたらす症状です。子宮が大きくなることでほかの器官の障害を起こすこともあります。それは、腰痛や頻尿。特に注意が必要なのは、過多月経による貧血でしょう。子宮の内側に筋腫ができる粘膜下筋腫は、その表面にたくさんの毛細血管があり、月経時には大量の出血を起こして過多月経になります。
それが原因で鉄欠乏性貧血を引き起こします。貧血が続くと、血液中の赤血球が体に必要な酸素を供給できなくなります。各部位に送る酸素の量が減り、心臓はその分の酸素を供給しようとして、より多くの血液を全身に送らねばならず、その結果、心臓には大きな負担がかかります。血管に問題が起こったり、心不全になったりする危険性も高まることになります。また、鉄が不足すると、酵素の働きが悪くなり、記憶力の低下が慢性的に起こります。気持ちが不安定になって怒ったり泣いたりと、感情障害を引き起こすこともあります。子宮筋腫は、年齢や生活環境にもよりますが、自覚症状があれば治療をすることをおすすめします。しかし、筋腫の大小にかかわらず、自覚症状がなければ、経過観察となることも多いのが現状です。健康診断で子宮筋腫が発覚したときでも、つらい症状がなければそのまま様子を見ることもできるでしょう。

症状一覧

過多月経

筋腫に栄養を与える毛細血管からの出血、筋腫により子宮内腔の面積が増えるなどの原因で出血量が多くなる。月経が10日以上続く

貧血

過多月経による鉄欠乏性貧血。動博、息切れ、疲労感、手足の冷えなど

月経痛

筋腫は収縮しないので、正常な筋肉部分が月経血を排出するために強く収縮する

圧迫症状

子宮の周囲の血管の血行が妨げられて起こる、下腹部痛、腰痛、直腸や大腸が圧迫されて起こる便秘、膀胱や尿管が圧迫されて起こる頻尿、排尿障害など

下腹部のしこり

筋腫が握りこぶしぐらいに大きくなると、下腹部を押したときに硬いしこりを感じる

不妊

子宮や卵管の変形が受精や着床に影響する

性交痛

筋腫の位置によっては、挿入時に子宮が引っ張られる

スポンサードリンク

ページの先頭へ