子宮筋腫・子宮内膜症

子宮の仕組みと働き

子宮の仕組みを知りましょう

子宮は、人によって多少大きさの違いがありますが、大きめの鶏卵大の袋状の臓器です。「子宮体部」という上部の3分の2の部分と、「子宮頸部」という下部3分の1に分けられ、子宮体部は薄い膜に包まれていて、それを「子宮漿膜」と呼びます。女性性器は、体の外にある外性器と、骨盤の中にある内性器に分けられます。内性器である卵巣、卵管、子宮、腔は、仙骨、腸骨、恥骨に囲まれた、骨盤腔の中にあります。子宮は直腸と膀胱の間にあり、長さが約8センチ、幅が約4センチ、厚みが約3センチで前に少し傾いています。子宮の両側にはそれぞれ卵管と卵巣があります。
女性ホルモンは子宮から分泌されている、と思いがちですが、それは間違いです。女性ホルモンは卵巣から分泌されています。卵子は卵巣から腹腔内に出され、卵管を通って子宮へと運ばれます。卵巣から分泌されるホルモンは直接子宮に届くのではなく、いったん血管内に入って肺から心臓を通って、子宮動脈から子宮に到達することによって、子宮の活動がコントロールされているのです。

子宮の働きについて

子宮は、厚さ1~2センチほどの筋肉でできています。その筋肉は、大変伸び縮みをし、出産の直前には長さが30~35センチ、幅は約25センチまで伸びます。そして、出産するときには収縮して赤ちゃんを押し出そうとしたり、出産後には、また元の大きさまで縮みます。子宮の役割は、妊娠期間中に胎児を育てること。その内側は、子宮内膜という薄い膜でおおわれています。その膜は基底層と機能層に分けられ、機能層は女性ホルモンの働きで、妊娠準備のために周期的に厚くなります。妊娠しなかった場合は、その膜がはがれ落ちて体外に出ます。その繰り返しが「月経」です。ホルモンとは女性特有の病気やその治療にかかわる、とても大事なもの。体の組織や器官に情報を伝え、しっかりと働くようにさせる物質がホルモンです。いろいろなホルモンが内分泌器官と呼ばれる、下垂体、甲状腺、副腎、膵臓、卵巣(女性)、精巣(男性)から分泌されています。分泌されたホルモンは血液に乗って全身に運ばれ、そのホルモンを必要としている器官にゆき渡ったら情報を伝えるわけです。

女性生殖器図解

スポンサードリンク

ページの先頭へ