子宮筋腫の対症療法

子宮筋腫の対症療法(鎮痛剤・漢方薬)について紹介。

子宮筋腫・子宮内膜症

子宮筋腫の対症療法

子宮筋腫の対症療法(薬剤の種類)

子宮筋腫の薬物療法では、子宮を温存するという目的で、月経痛をやわらげたり、月経の量を減らしたりする方法があります。また、ピルなどのホルモン剤を用いて月経の量を減らす場合は、医師に相談してから行ないましょう。貧血がある人は、鉄剤を飲んで治療することで、めまい、だるさ、疲れやすさ、動悸などの貧血の症状が改善するでしょう。月経痛が強い場合は、鎮痛剤を上手に使用し、日常生活を少しでも楽に過ごすことも大切です。

鎮痛剤

副作用が気になる人は、医師に伝える子宮筋腫の痛みを抑える薬としては、非ステロイド系抗炎症薬が用いられます。インドメタシンやジクロフェナクナトリウムなどのような鎮痛剤は、痛みがあるときに使用します。鎮痛剤は市販されているものもたくさんありますが、市販のものは副作用を考慮し、病院で処方されるものよりも効き目が少し弱くなっています。痛みが抑えられても、治ったわけではないので、自分の判断で鎮痛剤を飲むのは避け、医師の診断のもとに服用しましょう。
鎮痛剤を使用するとき、注意しなければいけないのは胃腸障害です。子宮筋腫で鎮痛剤を使用する場合は、月経時の痛み止めのために頓服で使用するので、常時服用するわけではないため、それほど心配はいりません。しかし、鎮痛剤を飲んで胃腸が悪くなったという場合は、医師に相談したほうがいいでしょう。胃腸が弱い人、副作用が気になる人は、医師に伝えて、胃腸障害が起こりにくい薬を処方してもらうといいと思います。

漢方薬

漢方薬写真漢方薬は、GnRHアゴニストと違って、服用中に妊娠する可能性があります。妊娠の苓丸、当帰勺薬散などが使用されます。いちばん頻繁に用いられるのは、桂枝茯苓丸可能性がある人は、桃核承気湯という薬は注意して服用する必要があります。妊娠を妨げることがあるからです。
その他の漢方薬は、芍薬甘草湯、桂枝茯です。桂枝茯苓丸や桃核承気湯は、筋腫による症状を改善するといわれます。しかし、漢方薬を使用するには、体力があること、元気であることが前提です。
漢方薬は多くの種類があり、子宮の病気に効果があるものもたくさんありますが、副作用がある場合もあります。飲んでいたら体調が悪くなったり、湿疹ができたりしたら、医師に相談しましょう。

勺薬甘草湯

痛みが強いとき

桂枝茯苓丸

体力がある人。月経痛のほか、肩こり、冷え、頭痛、イライラなどに効果的

当帰芍薬散

虚弱体質の人。月経痛のほか、肩こり、冷え、貧血、疲労などに効果的

桃核承気湯

比較的体力があり、体格がいい人。月経痛のほか、便秘、足腰の冷え、頭痛、のぼせなどに効果的

貧血の薬

貧血鉄欠乏性貧血は、過多月経で起こります。その場合、鉄剤を服用したり、注射をしたりして治療を行ないます。鉄の吸収をよくするためには、ビタミンCの錠剤を飲むことをすすめられることもあります。
服用する薬は、クエン酸第一鉄ナトリウム、フマル酸第一鉄、硫酸鉄などで、注射する薬は含糖酸化鉄などです。薬による鉄分補給も大切ですが、食事から鉄やビタミンCなどを含むものを摂取することも必要でしょう。

スポンサードリンク

ページの先頭へ