子宮筋腫の治療(食生活の改善)

子宮筋腫の治療(食生活の改善)について紹介。

子宮筋腫・子宮内膜症

食生活の改善

毎日の食生活を見直すことが健康につながる

鉄分を豊富に含むシジミ子宮の病気の再発を防ぐための食事療法は、医学的にはいわれていませんが、体脂肪が多いと筋腫が好発することはわかっています。食生活にも留意して、健康を維持していきましょう。
動物性の脂肪は筋腫を増大させる女性ホルモンの分泌をうながす作用があるといわれます。牛肉や豚肉は動物性脂肪が多いので控えるようにしましょう。大豆などの豆製品は、エストロゲンに似た成分を含んでいます。しかも、卵巣でつくられるエストロゲンの働きを調整する作用があるともいわれているので、積極的に摂るようにしましょう。更年期が近い人にもおすすめです。
そして、貧血に効果的なのが鉄分です。過多月経などによる貧血の人は、ホウレン草、ヒジキ、シジミ、レバーなどの鉄分を豊富に含む食品を積極的に摂るようにしましょう。

食物繊維を積極的に摂る

食物繊維を積極的に摂る婦人科の疾患に冷えは禁物だとされています。体を冷やす食事を減らし、温める食事を摂りましょう。冷たいものは控え、野菜を食べるときも生よりは火を通したほうがいいでしょう。野菜、豆類、果物、海藻類などは食物繊維が豊富です。腸内の老廃物や悪玉菌を掃除してくれるので、積極的に摂りましょう。それにより、腸内環境がよくなり、便秘解消にもなります。体内の免疫力も上がるでしょう。
また、玄米を食べると、便通がよくなり血液もきれいになるといわれています。玄米や豆類は、ビタミンBやビタミンEを多く含み、肝臓の働きをよくしたり、エストロゲンのレベルを調整するのに役立つ食品です。
過多月経で貧血の人は、鉄分のほかにビタミンCも必要です。野菜の中では、大根、ニンジン、ゴボウ、レンコンなどの根菜類やカボチャ、玉ネギ、ブロッコリーなどを摂ると体が温まるでしょう。
サプリメントを摂る人が増えているようですが、中には筋腫を大きくする可能性のあるものもあるので注意しましょう。栄養は食事から摂取するのが基本です。

スポンサードリンク

ページの先頭へ