子宮内膜症の対症療法(鎮痛剤・漢方薬)

子宮内膜症の対症療法(鎮痛剤・漢方薬)について紹介。

子宮筋腫・子宮内膜症

子宮内膜症の対症療法

子宮内膜症の対症療法(薬剤の種類)

鎮痛剤や漢方薬を使ってつらい症状を緩和する方法です。病気を治す効果はありませんが、副作用が少ないので、比較的安心して治療できます。鎮痛剤の副作用で問題なのは胃腸障害です。子宮内膜症では痛みが出たときに服用するだけの頓服なので、飲み続けるわけではありません。ですから、心配は少ないと思いますが、薬を飲んで胃が痛くなったりしたら、医師に相談しましょう。

鎮痛剤

ロキソプロフェンナトリウム子宮内膜症と診断され、痛みを強く感じるのは、内膜組織からプロスタグランジンという、痛みを発生させる物質がたくさん出るためです。痛みをやわらげるのは、非ステロイド系抗炎症薬で、よく使用されるのが、ジクロフェンナクナトリウムやロキソプロフェンナトリウムです。鎮痛薬は市販されているものも多いのですが、副作用を考慮し、病院で処方されるものより効き目が弱くなっています。鎮痛剤を飲んで胃腸が悪くなったという場合は、医師に相談したほうがいいでしょう。胃腸が弱い人、副作用が気になる人は、医師に伝えて、胃腸障害が起こりにくい薬を処方してもらうといいと思います。

漢方薬

漢方薬漢方薬は体質を改善し、痛みなどの不快な症状をやわらげる目的があって女性によく使われます。漢方薬の特徴は、一人ひとりの体質によって処方される薬が違うこと。また、体質に加え、疲れている、風邪気味だなどという、そのときの体調、または精神状態なども加味して処方されることです。子宮の病気の治療として処方される代表的な漢方薬は、芍薬甘草湯、桂枝茯苓丸、当帰勺薬散、桃核承気揚などです。自分の体に合った漢方薬が処方されれば、非常に効果的ですが、場合によって、2週間ぐらい使用していても効果がはっきりしない、ということもあります。遅くても3カ月ほどで変化が見られます。漢方薬を使用するには、体力があること、元気であることが前提ななります。

勺薬甘草湯

痛みが強いとき

桂枝茯苓丸

体力がある人。月経痛のほか、肩こり、冷え、頭痛、イライラなどに効果的

当帰芍薬散

虚弱体質の人。月経痛のほか、肩こり、冷え、貧血、疲労などに効果的

桃核承気湯

比較的体力があり、体格がいい人。月経痛のほか、便秘、足腰の冷え、頭痛、のぼせなどに効果的

その他の鎮痛や精神安定の薬

抗うつ薬や抗不安薬などは、月経痛などの痛みの症状以外に出るつらい症状を抑えるために使います。また、月経前に起こる気分の落ち込みやイライラ(月経前症候群)のために使われることがあります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ