子宮内膜症チェック(症状・前兆)

子宮内膜症の症状や前兆について紹介。

子宮筋腫・子宮内膜症

子宮内膜症チェック

子宮内膜症を発見するために

月経は、排卵・妊娠にかかわる体の周期のひとつです。排卵に問題があったり、卵巣や子宮に病気があると、月経の周期や量に異常が見られます。月経の異変は病気の前兆だと思ってもいいでしょう。あくまでも目安ですが、標準的な月経の周期は25~38日、月経の期間は3~7日です。月経時の出血量は50~150gで、多いときで2時間に1回生理用品を取り替えるぐらいの量までなら正常だといえます。しかし、ほかの人とは比べることは難しいので、以前の自分の状態と比較してみましょう。子宮内膜症も筋腫も、すぐに命にかかわる病気ではありません。しかし、気になることがあったら受診を先延ばしにせず、すぐに婦人科を受診しましょう。

子宮内膜症チェック

No.01
月経のときに下痢をする
No.02
月経痛が徐々にひどくなった
No.03
薬を飲まないと我慢できない月経痛がある
No.04
排便痛がある
No.05
排卵のころに下腹部が痛む
No.06
月経のとき、血のかたまりが出ることがある
No.07
腰が重い感じがする
No.08
貧血がある
No.09
月経のときに吐き気やめまいがする
No.10
最近、血尿や血便が出た
No.11
おりものが増えたり、茶褐色のおりものがある
No.12
便秘がちである
No.13
慢性的な下腹部痛や腰痛がある
No.14
性交痛がある
No.15
妊娠しにくい(避妊していないのに、2年以上妊娠しない)

チェックがついた項目が
0~5個⇒今のところ問題なし6~10個⇒子宮内膜症の可能性あり●11~15個⇒子宮内膜症の可能性が高い

スポンサードリンク

ページの先頭へ