子宮内膜症と不妊(妊娠・出産)

子宮筋腫と不妊(妊娠・出産)について紹介。

子宮筋腫・子宮内膜症

子宮内膜症と不妊

子宮内膜症と妊娠について

子宮内膜症の症状は、月経の周期に合わせて定期的に起こるだけで、命にかかわる病気ではありません。
しかし、卵巣チョコレートのう腫は、年齢とともに悪性になる可能性があるので、大きければ手術をしたほうがいいでしょう。子宮内膜症は不妊の原因のひとつだといわれています。不妊症かもしれないと思って受診した人の3~5割が子宮内膜症だともいわれます。しかし、子宮内膜症だから必ず不妊症だとは限りません。ホルモンの分泌や排卵が正常であれば、妊娠も可能です。
子宮内膜症が不妊を引き起こす主な理由は、「排卵の障害」「卵子が卵管を通過しつらくなる」「プロスタグランジンの放出」「サイトカインの放出」です。

子宮内膜症が不妊の原因になる理由

卵巣チョコレートのう膿・写真卵巣チョコレートのう膿になると、正常な卵子の成長と排卵に障害が起こります。卵胞の成熟もしにくくなるため、妊娠しづらくなります。子宮内膜症になると、内膜組織の癒着によって臓器同士がくっついてしまうことがあります。卵巣、卵管、子宮、直腸などが癒着すると、その働きが悪くなります。すると、排卵が障害されたり、卵管の先の卵管采(卵巣から飛び出した卵子を卵管に送る部分)の動きが悪くなると、卵子をキャッチできず、そのうえ、卵管に癒着があれば、精子や卵子が卵管を通りにくくなります。癒着が、妊娠が難しい状態をもたらす可能性があるというわけです。
また、子宮内膜症になると、プロスタグランジンという生理活性物質の放出が盛んになります。プロスタグランジンとは、微量で体の働きを調節する作用を持つ物質で痛みを起こしたり、子宮を収縮させて流産を起こす原因になっているといわれます。そのため、妊娠しつらくなるのです。そして、サイトカインという物質も卵巣・卵管・子宮の機能を障害し、不妊の原因になるといわれています。

スポンサードリンク

ページの先頭へ