子宮内膜症の種類(腹膜病変・卵巣チョコレートのう腫・ダグラス窩閉塞)

腹膜病変・卵巣チョコレートのう腫・ダグラス窩閉塞の症状等を紹介。

子宮筋腫・子宮内膜症

子宮内膜症の種類

子宮内膜症には、腹膜(腹壁の内側をおおう薄い膜、および小腸や大腸、子宮などの臓器を包む薄い膜)に増殖する「腹膜病変」、卵巣内に増殖する「卵巣チョコレートのう腫」、子宮の後ろ側のくぼみであるダグラス窩に増殖する「ダグラス窩閉塞」などの種類があります。

腹膜病変

内膜組織がお腹を包む腹膜に増殖したもの。次第に大きくなり、数も増えて、周囲の臓器を癒着させます。子宮内膜症ではよく見られる病変です。

卵巣チョコレートのう腫

内膜組織が卵巣に入り込んで増殖したもの。出血を繰り返すとチョコレートのようになった古い血液がたまって卵巣が大きくふくらみ、周囲の組織との癒着も起こります。卵巣がねじれると、激しい腹痛を感じます。

ダグラス窩閉塞

内膜組織が子宮の後ろ側と直腸との問のダグラス窩で増殖したもの。子宮と直腸の癒着が起こり、ダグラス窩がふさがってしまいます。月経痛や排便痛、性交痛などの痛みを感じます。

子宮内膜症の部位

※内膜症はおもに下腹部の骨盤内部、子宮、卵巣、ダグラス窩、腹膜の表面などにできやすい。

スポンサードリンク

ページの先頭へ