子宮筋腫・子宮内膜症

子宮内膜症とは

子宮内膜症は進行性の病気です

子宮内膜症図解

子宮内膜症は、子宮の内腔にビロードのように張りめぐらされている、子宮内膜組織が、子宮内腔以外のところで増殖し続ける進行性の病気です。妊娠準備で厚くなった子宮内膜は、妊娠しないとはがれ落ちて子宮口から排出されます。そのとき、内膜組織の一部が卵管を通ってお腹の中にこぼれます。その一部が腹腔内で増殖したものが子宮内膜症となるという説がよく知られています。
内膜症の細胞は、ホルモンの作用によって月経ごとに炎症や出血を繰り返します。また、増殖したり組織の中に入り込んだり、周囲の臓器と癒着を起こしたりします。
子宮の表面、ダグラス窩、卵巣、仙骨子宮靭帯など、骨盤内にほとんど発生します。卵巣内の内膜症は、毎月の月経血がたまった袋となり、血液は時間がたつと濃縮してチョコレート状になるため「卵巣チョコレートのう腫」と呼ばれます。

癒着について

卵巣チョコレートのう腫・癒着まれに、肺、へそ、大腸、膀胱にできることがあります。罹患率は月経のある女性の10~15%で、現在は10人にひとりは内膜症だとされるほど多く、エストロゲンの分泌が多い20~40代に発生が多く見られます。子宮内膜症は月経にともなって症状が起こるので、月経がなくなれば症状が出なくなります。
癒着についてですが、本来は腔内の組織や臓器同上は、薄くて丈夫な膜(腹膜)でおおわれてくっつくことはありません。しかし、炎症や出血、感染などがあると、膜が溶けて組織はほかの組織とくっついてしまいます。これを癒着といいます。癒着をはがすには、外科的な方法しかありませんが、はがしても癒着は再発しやすいものです。

子宮内膜症の主な症状

子宮内膜症の主な症状は月経痛です。進行するほど症状が重くなり、そのほかに、月経時の腰痛、排便痛、性交痛などがあります。痛み以外だと、過多月経、貧血、下痢、便秘、頻尿、むくみなどがあります。卵巣内で内膜組織が増殖した卵巣チョコレートのう腫は、進行するまで症状が出ないこともあります。しかし、病気が進行すると、卵巣の付け根の部分がねじれる「茎捻転」が起こったり、のう腫が破裂したりして、激しい腹痛があります。
腹膜にできた内腹症は、月経のたびに発生した場所でも出血し、その部分が周囲の臓器と癒着するので痛みの原因をつくります。

卵巣チョコレートのう腫

卵巣の中に血液の袋ができ、超音波断層法やMRI検査、CT検査などの画像で診断できます。大きさとは関係なく、のう鮭が破裂すると激しい痛みと炎症が起こり、のう腫が大きくなると腸のぜん動運動が高まり、ねじれて茎捻転を起こして激しい痛みに襲われます。

骨盤腹膜子宮内膜症

骨盤の中の下腹部内の腹膜の表面にできるもので、もっとも多くの人に見られ、癒着が起こりやすいタイプです。子宮や卵巣の表面、ダグラカス窩などにできます。果実のブルーベリーのような色の点々ができ、ブルーベリースポットと呼ばれます。

他臓器子宮内膜症

肺、へそ、大腸、膀胱、手術の傷跡など、いろいろなところにできます。肺は血痕が出たり、膀胱では血尿が出たり、直腸では下血したり、月経時には特有の症状が起こります。

子宮内膜症の症状一覧

●骨盤肉疼痛・月経痛(月経困難症)下腹痛、腰痛、性交痛
月経異常・過多月経、不正出血
消化器症状・腹痛、排便痛、下血、便秘、下痢
尿路症状・頻尿、血尿
不妊・卵管の動きが悪い、排卵障害
呼吸器症状・気胸、血痕、喀血など(肺、横隔膜などにできる内膜症)
皮膚腫瘤・腫れ、疼痛、出血などをともなう(へそや帝王切開などの傷跡にできる内膜症)
性交痛・深く挿入されたときに、子宮の入り口が押されて周囲と癒着した子宮全体が動かされ、つるような痛みが起こる

スポンサードリンク

ページの先頭へ


便秘解消法

便秘解消法は便秘を解消するための情報サイトです。

自律神経失調症

自律神経失調症を症状・チェック方法や原因等を紹介する情報サイトです。

痛風 初期症状

最新の痛風治療や初期症状等を紹介する痛風に関する情報サイトです。

高血圧

高血圧予防法では高血圧の症状や原因、治療法等について紹介します。

脳梗塞の前兆

脳梗塞の前兆や症状等、脳梗塞を予防するための情報サイトです。