子宮筋腫・子宮内膜症の検査(問診)

子宮筋腫・子宮内膜症の検査(問診)について紹介。

子宮筋腫・子宮内膜症

問診について

問診ではどんな事を聞かれるのでしょう?

子宮筋腫の問診問診は、現在、どのような症状がどの程度、どんな頻度であるのか、という体の状態や受診の目的を知る上で大変重要な診察です。どんな病気か予測し、薬の処方をするときにも、重要な手がかりになります。婦人科の問診では、月経の状態を聞かれることが多いので、メモを持参することをおすすめします。。具体的には、月経の周期、日数、量、月経痛の有無などは最低でも確認してから受診しましょう。
また、これまでにかかった病気、治療中の病気、飲んでいる薬、妊娠の可能性などは、医師に情報として提供しておくと、診察がスムーズです。あらかじめ、問診表を自分で記入する病院がほとんどです。つらい症状、心配事、子宮ガンの検診が目的など、自分が受診した目的がはっきりしている人は、それを医師に伝えましょう。
基礎体温のデータや検査の経験の有無、その記録なども持参すると、同じ検査のダブりが避けられ、時間をかけずに、目的にあった相談ができるでしょう。

問診で聞かれること

●悩んでいる症状(期間、頻度、程度、状態など)
●おりものの状態
●月経周期と月経期間
●初潮の年齢
●最終月経の開始日、月経期間、月経血の量
●出産、流産、中絶の有無(出産は帝王切開かどうか)
●これまでにかかった病気(治療中の病気)
●子宮頸ガン検診を受けた時期と結果
●服用している薬
●アレルギーの有無(アトピー性皮膚炎、喘息、花粉症など)
●薬や食べ物でアレルギーが出るか
●家族がかかったことがある(現在かかっている)病気
●性交渉の経験の有無
●未婚か既婚か

スポンサードリンク

ページの先頭へ