子宮筋腫・子宮内膜症

子宮筋腫の手術療法

子宮筋腫の手術療法について

子宮筋腫の手術の方法は、子宮全摘術と子宮筋腫核出術に分かれます。全摘術は筋腫だけではなく、子宮ごと全部摘出する根治治療です。全部摘出するということで、妊娠は不可能になり、月経はなくなりますが、ホルモンは正常に卵巣から分泌されます。
筋腫だけを取り除く筋腫核出術は、子宮を残したいという希望の人、筋腫が妊娠の継続やこれからの妊娠にとって不都合だと考える人が選択します。また、腹腔鏡や子宮鏡を使用した手術も行なわれるようになりました。腹部の傷が小さくて、癒着が少ないという利点もあり、入院期間も短いので希望する人も増えていますが、手術時間は長くなります。筋腫によってできないものもあり、行なっている施設が限られているので、医師への相談が必要です。
よく誤解されていますが、全摘(開腹)のほうが手術時間は短く、出血量も少なく、術後の後遺症も少なくてすみます。筋腫核出はこれから出産する人のために行なう、やむを得ない手術と考えてください。

保存的手術

①腹式子宮筋腫核出術

開腹して筋腫のみを取り除きます。
筋腫核出の手術としては一般的で、現在行なわれている手術の中ではポピュラーです。

②腹腔鏡下子宮筋腫核出術

腹腔鏡を使用して筋腫の核出をする方法です。
数カ所の切開部分から腹腔鏡と手術器具を入れる腹腔鏡下子宮筋腫核出術(LM)と、それでは難しい場合には、数センチの小切開を加えて行なう腹腔鏡補助下子宮筋腫核出術(LAM)があります。
切り傷が大きくないので、大きな筋腫は中で細かくしてから取り出します。比較的小さな漿膜下筋腫や筋層内筋腫に行なうことが多く、大きな筋腫の手術は困難です。この手術は行なっている施設が限られるので、医師に相談が必要になります。

③腔式子宮筋腫捻除術

有茎粘膜下筋腫を対象に、腔側から筋腫を取り出す方法です。

④子宮鏡下筋腫核出術

電気メスのついた子宮鏡(レゼクトスコープ)を腔から入れて、粘膜下筋腫を切除する方法です。TCRとも呼ばれます。この手術は、大きな粘膜下筋腫や多発性の粘膜下筋腫には適しません。

⑤子宮動脈塞栓術(保険外)

子宮に栄養を送っている動脈を止め、血液の流れを止める方法です。UAEとも呼ばれます。
栄養補給は筋腫へも妨げられるため、筋腫は一時的に小さくなります。過多月経や月経困難症の強い人が対象です。しかし、その安全性が確認されていないため、妊娠を希望する人にはすすめられません。筋腫の体積は手術後3カ月で約50%、1年後には約30%ぐらいになり、症状も約90%がよくなるという報告があります。この手術の副作用は、感染、卵巣機能不全、カテーテルや造影剤のアレルギーなどです。

⑥集束超音波手術[FUS](保険外)

腹壁から超音波をあてて筋腫を焼灼するもの。条件が厳しく適応となる人は多くありません。施行施設は限られます。

⑦マイクロ波子宮内膜焼灼術[MEA](保険外)

過多月経の治療のため、子宮内膜を焼灼するものです。月経量は激減しますが、筋腫の治療法ではありません。施行施設は限られます。

根治手術

①腹式単純子宮全摘術

腹部を切開して子宮を摘出する手術です。開腹手術には、横切りと縦切りがあります。

②腔式単純子宮全摘術

腔から子宮を摘出する方法。ただし、筋腫の大きさや出産経験の有無、癒着の程度によって、手術ができる人が限られます。

③腹腔鏡補助下腔式子宮全摘術

腔式子宮全摘術を安全に行なうため、補助的に腹腔鏡(ラパロスコープ)を使う方法。LAVHとも呼ばれます。
癒着の確認や剥離術、子宮外側の靭帯の切断など手術の一部の過程を腹腔鏡で行ない、腔から子宮を摘出します。大きな筋腫だと、手術時問がかなり長くなります。一般化はまだされておらず、実施している施設は少ないので、医師への相談が必要になります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ