子宮筋腫・子宮内膜症の検査(内診・腔鏡診)

子宮筋腫・子宮内膜症の検査(内診・腔鏡診)について紹介。

子宮筋腫・子宮内膜症

内診について

内診ではどんな事をするのでしょう?

腔鏡診の写真受診の最初には、問診で症状をよく聞きます。次に、内診を行なう病院がほとんどでしょう。内診では、膣から入れた指と腹部に置いたもう一方の手で、子宮や卵巣の大きさ、やわらかさを確認します。そこで、子宮後屈か前屈かがわかります。必要であれば、直腸診といって、肛門から指を入れて診察することもあります。
また、腔鏡という筒状の器具を入れて、子宮口の状態を観察したり、分泌物を取ったり、子宮頸ガンや子宮体ガンの検査のために、子宮口や子宮内膜の細胞をこすり取って細胞診をすることもあります。細胞診は、ガン細胞があるかどうかの検査です。
内診はだれにでも必要なわけではありません。しかし、不正出血がある人、つらい症状がある人などには、必要不可欠な検査で、内診をすることによって得られる情報がたくさんあります。

腔鏡診

腔鏡という筒状の器具を子宮口から入れ、腔を広げて子宮口の状態を観察。おりもの、脛、子宮頸部の状態を診察します。

内診

腔の内診図腔の中に片方の手の指を入れ、もう一方の手で、子宮や卵巣の大きさ、やわらかさ癒着の有無などを確認します。

スポンサードリンク

ページの先頭へ