子宮筋腫の手術と更年期障害の関係

子宮筋腫の手術と更年期障害の関係について紹介。

子宮筋腫・子宮内膜症

手術と更年期障害の関係

子宮の手術と更年期障害の関係

子宮の手術と更年期障害子宮を全部摘出してもホルモンのバランスが崩れることはありません。卵巣があれば排卵が起こり、基礎体温を測っていれば、手術前と同様に二相性になるはずです。
エストロゲンやプロゲステロンという女性ホルモンは卵巣から分泌されています。従って、子宮がなくなっても女性ホルモンは閉経まで分泌され続けます。ですから、子宮を取っても月経がなくなるだけで、更年期障害の症状があらわれることはありません。
更年期障害は卵巣の機能が低下してくる50歳ぐらいになるとあらわれ、肩こり、冷や汗、ほてり、のぼせなどの症状が見られるようになります。子宮摘出の手術を受けたあと、同様の症状が見られたとしたら、それは、ストレスによる一時的な症状かもしれません。

納得して治療するために

納得して治療するために子宮を全摘すれば、子宮ガンのリスクがなくなり、過多月経や月経痛などの不快な症状から解放されます。月経困難症もなくなるし、貧血も解消されるわけです。ホルモンのバランスが崩れることもないので、痛みの症状がなくなって日常生活が普通に送れるようになる根治治療は、前向きに考えるといいと思います。
納得して治療するためには、自分がどうしたいかが問われます。妊娠を希望するのであれば、全摘術は受けられません。本来ある臓器を取りたくない、という人や、女性でなくなるような気がする、という人もいるでしょう。しかし、自分の健康を長期的に見て、治療の方針を立てることが必要ではないかと思います。
本当に更年期障害が始まっても、子宮筋腫があるとホルモン補充療法ができない(筋腫が大きくなるため)ことがありますが、手術後であれば可能になります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ